Title_cyojyu

ご長寿お祝いレンタル¥5,000(税抜)

各種取り揃えております。お問合せください。

名称 年齢(数え年) 着用色 いわれに付いて
還暦 六十一歳のお祝い 本卦環りと云って暦の干支が六十一年で生まれた年の干支に戻ることからこの名がいわれます。還暦祝いは、昔から赤ちゃんに還るという意味と、赤は魔よけの色ということから赤いちゃんちゃんこ、赤い頭巾、赤い座布団など赤い色のものを贈るしきたりがあります。
古希 七十歳のお祝い 唐の詩人杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれだったのです。
喜寿 七十七歳のお祝い 喜の字を略すと「七七七」と七の字が重なるので七十七の歳のお祝いをいいます。室町時代から始まったといわれ、本来は厄除けの一つであったともいわれています。
傘寿 八十歳のお祝い 傘の地の略字が「八十」にみえるところから、この名がついたものです。
米寿 八十八歳のお祝い 「米」の字が八十八から出来ているところから、米寿となり「米の祝い」とも云われます。昔は近親・縁故を招いて祝宴を催し、参会者に枡の斗掻や火吹竹を送る風習があったそうです。
卒寿 九十歳のお祝い 「卒の祝い」ともいい「卒」の俗字「卆」が九十と読めるところからこの名が出ています。
白寿 九十九歳のお祝い 「白字の祝い」ともいい、百の字から一の字をとると「白」となり、百から一字を引くと九十九になるちころからこの名がついたものです。
いわれやお召しになる色には諸説があり、絶対というものではありませんし、すべて赤で済ます地方もございます。